2015年05月31日

ドリルNo.9「ここにいるよ」


01 be動詞+方位副詞タイプ
 ドリルNo.9「ここにいるよ」 ※現在形
 ドリルNo.10「家にいたよ」 ※過去形
 ドリルNo.11「この辺りにいる(つもり)よ」 ※未来形
 ドリルNo.12「ここにいるよ」 ※現在完了形
--------------------------------------------


【どうして日本人は英語が話せない?】

クリスマスと言えば、
  (1) Here it's December and Christmas is coming.
   もう 12 月だしクリスマスも近い
  (2) Christmas is just around the corner.
   もうすぐクリスマスです
  (3) Christmas is near at hand.
   もうすぐクリスマスです
(1)の表現は、一般動詞comeを使った文字通り一般動詞系列の表現です。しかしこれは進行形なので、同じbe動詞系列の表現です。いうのでもなく、be動詞は「存在」を表し、「やって来つつある」「来ようとしてる」存在だということです。
一方、(2)と(3)は、be around the cornerやbe at handといった前置詞+名詞のbe動詞系列の表現です。
英語は方位や空間でものごとをとらえる人たちの言語です。
「コーナーにさしかかっている」、まさに「手元にある」といった表現はかれら特有のものです。
受講者専用「ナビゲータルーム」
posted by function at 09:23| Comment(0) | ドリルNo.9「ここにいるよ」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。