2016年02月15日

ドリルNo.17 「何て親切なの!」「何て親切な人なの!」


  How kind you are!
  What a kind person you are!
  
ここでは、いわゆる感嘆表現をとりあげています。
普通の表現では、次のようにveryが使われますが、これは「大変」「とても」の意味です。
それを疑問詞howやwhatを使うと、「どのくらいの程度かわからないくらい」とか、「何だか分けのわからない」といったことになり、これらを文頭におくことによって感嘆表現となります。

  How hardworking she is!
  What a hardworking girl she is!

さて、最初に「この「英語脳の構築」というものの正体をおおよそ分かってきましたか?」と述べました。
ここにあげたのは現在形のテーブルですが、疑問詞のついた疑問表現も、感嘆表現もこのテーブルが基礎となっているのです。

○英語の九九 ファンクションフレーズテーブル be動詞 現在形
table-1

あなたは、とっさにHow old am I?とかHow tall am I?などと表現できますか。
ちなみに、以下の表現は、STEP3の「イメトレ英語学習法」へと続きます。

  Tell me how old you are.
  あなたが何才か私に教えてよ
  Tell me how old she is.
  彼女が何才か私に教えてよ
  No one told me how old she was.
  彼女が何才か誰も私に教えなかった
受講者専用「ナビゲータルーム」
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。