2015年10月26日

ドリルNo.5「幸せになるの?」


【どうして日本人は英語が話せない?】

歌手の渡辺真智子さんの「迷い道」が流行ったのはいつの頃か?
その歌詞の始まりは、「現在、過去、未来」というものでした。それが何か英語の授業をしているような錯覚がありました。それに「現在完了」があったら、英語の4つの時制となるな、と妙に納得したことがあります。
一方、アメリカのロック歌手が、ある雑誌のインタビューに答えて、I was a singer. I am a singer. I have bee a singer.と答えていました。これは「歌手だった、今でも歌手であって、今までずっと歌手だった」と要するに「歌手は止めない」というこです。ここには「未来形がない」と私は突っ込みを入れました。

英語はbe動詞系列と一般動詞系列の2つで成り立っていることを再確認してください。
今回のものは、[九九]のように覚える英会話にとりあげた「6つの英会話のテーブル」の内、未来形のテーブルです。

○英語の九九 ファンクションフレーズテーブル be動詞・一般動詞共通 未来形
table-3

このテーブルは、be動詞系列の未来表現と、一般動詞系列の未来表現の2つを導く共通のファンクションフレーズなのです。

[be動詞系列]
  Be careful! 注意してね!、気をつけてね!
   Yes, I will (be careful). はい、そうします
[一般動詞系列]
  Take care! 注意してね!、気をつけてね!
   Yes, I will (Take care). はい、そうします

先に登場した「ドリルNo.1 幸せよ」の「イメージしてください!」に以下のような表記があったことを思い出してください。
 (1) be well   元気よ
 (2) be hungry   空腹よ
 (3) be tired   疲れてるよ
  略

なぜbeから始めているのか疑問に思った方がおらると思いますが、これは原形動詞フレーズが基本だと強調したかったからです。
  I will be well.  元気になるよ
  I will be hungry. お腹がすくよ
  I will be tired.  疲れちゃうよ

英語の未来形は、数秒後から未来までを表現します。

さて、「 [九九]のように覚える英会話」に「ドリルNo.5 幸せになるの?」と 「 [九九]のように覚える英会話」に「ドリルNo.6 食事を作ってくれるの?」の2つがあります。
大切なことは、いつも言っていることですが、日本語訳から英作するのでは「イメージしてください」というフレーズを使って行うことです。これが、私の言う英語を「そのまま理解する」ということなのです。

再度強調したいのは、原形動詞フレーズが使われるのは[GROUP-A][GROUP-B][GROUP-C][GROUP-D]のすべてであるということです。
日本の英語教育では英語が話せないのは、「助動詞will+動詞の原形」と分析したり、そもそもbe carefulとかtake careといった「ひとまりのものであるフレーズ」をぶったきるようなしらえかたをしていたら英語など話せないのは当たり前。

さてこの動詞フレーズを使った発想トレーニングは以下のように行います。実際の本や動画では(1) から(10) までのトレーニングとなっていますが、すべてをあげることができないのでサンプルをあげておきます。

  オンライン講座 未来形で使われる「時」表現」

 I will be hungry tomorrow morning. 明日の朝
 I will make some cakes tomorrow morning. 明日の朝
受講者専用「ナビゲータルーム」
posted by function at 17:18| Comment(0) | ドリルNo.5「幸せになるの?」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。